症例紹介

40代男性 / 月一回コアチューニング、コアチューンアップ実施

名前

中西梨絵(CTI・CTT・CTA・認定講師)

取得した資格(CTI,CTT,CTA)

CTI・CTT・CTA・認定講師

基本的な開催場所

各地出張にて開催

職種:リサイクルショップチェーン経営
役職:代表取締役社長
年代:40代

2017年11月より現在まで月1回の頻度でコアチューニング、コアチューンアップを実施。
44歳にし、格闘技を始めることをキッカケに、毎月コアチューニング、コアチューンアップを受けてくれることになりました。

この数十年間、運動という運動をしていない中、格闘技への挑戦を現在されています。

格闘技への挑戦のため、コアチューニングを受けてくれることになりましたが、44歳にして、見た目はどんどん若返り、体重も6キロ減りました。

格闘技の成績は1戦1勝、7月に第2戦を迎えます。

コアチューニングを一年続けてくれ、コアチューニング受け始めた時には、あらゆる関節が硬く、正常な可動域が出にくい状況でしたが、現在は全身的な身体の柔軟性が向上しているのとともに、疲れにくい身体、またその身体の柔軟性とともに、仕事への置き換えをどんどん展開され、業績に繋げられています。

コアチューニングを受け始めて2年目に突入してからは、コアチューンアップを導入できる身体となり、より、身体のコアである肚への意識を高めていただいています。1年数ヶ月、毎月毎月施術を受けていただくことで、格闘技中を含め、信頼関係を何よりも育ませていただいています。

以下、ご本人からのコアチューニング施術、チューンアップを受けてからのご自身の変容についてです。

チューニング(tune-up)を受けるまでと、受けてからの変化
身体の変化、仕事、売上、家族関係、コミュニケーションなど。

疲れにくい体になりその結果、心が不安安定になることが非常に減りました。
怒りにくくなり、イライラすることが極端に減っています。
姿勢が良くなり、体の感覚と反応が敏感になっているので視野が広くなり物事をとても俯瞰的かつ直感的に捉えることができています。

この俯瞰力はとても仕事にも役立っていて、俯瞰して物事を捉えられているので、今誰に何が必要かが掴めるので的確に指示も出せ、問題解決も瞬時に行えるようになってきています。

その結果、仕事に直接的に関わる時間がどんどん減少しているのにも関わらず安定的に利益を上げることができ、また各個人が未来に向かった仕事を自ら行ってくれるようになってきています。

また腹圧が安定しているので、しっかりとした意図を持って物事を相手に伝えられるためにコミュニケーヨンがとてもスムーズになり本質的な意図や想いを伝えることができるようになっています。

もちろん家庭においても同じような効果は出ていて奥さんや子供達の想いや氣持ちを汲み取ってコミュニケーションを図れるようになりました。

奥さんは私の仕事を少しでも円滑にすることができるように一歩先を見て心配りをしてくれるようになってきています。有難いです。

COPYRIGHTS © JAPAN CORE TUNING METHOD ASSOCIATION. All Rights Reserved.